カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

閲覧する月を選んでください。

ブログ内検索

登録住所変更メールフォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

思い出リレー vol.6

2008年度卒業 単位制 15歳(入学時)
 
 皆さんこんにちは☆
 2008年度単位制卒業生のMです!
 
 いきなりですが、私は中1まで地方に住んでいて、中2の時、母の都合で大阪に来ました。
 大阪に来る前は、勉強は好きでも、宿題は嫌いで、成績はまぁまぁくらいでした。
 大阪に来てからは、勉強しなくなり、嫌いになりました。高校受験なんてどんな高校があるのかも全く知らなくて、本当に受験勉強なんてしてませんでした!(苦笑)
 そんなこんなで、中3の担任に中央高校を教えてもらって、受験したのです♪
 
 みんなで何かする事が好きなのに、体育祭がないなんて…と、少し残念に思ってました。。。 
 だから、私は生徒会の手伝いをしようと思い、まずスポーツ大会のお手伝い及び参加しました!
 でも、やっぱり何処にでも、そういう行事が嫌いな子もいて、行事の仲間集め大変でした・・・
 
 そこから生徒会のみんなと仲良くなって、ある部活を掛け持ちしたり、その部活で大好きな歌を歌ったり、楽器を弾いたり、今までにしたくても、出来なかった事を沢山やらしていただきました☆
 
 授業では面白い先生の話が楽しくて、成績あげるのが楽しく感じられました☆
 いままで成績なんて、あまり気にしてなかったけど、高校最後の年だけは結構頑張ってたと思います!!笑
 
 3年間のいろんな経験で、今の私は高卒でお仕事を頑張ってられるんだと思います☆
 
 中央高校で、出会った幅広い年齢のみんなと仲良くなれて、沢山の経験が出来てココへ来てよかったなぁ・・・と、しみじみ思います。
  1. 2011/05/08(日) |
  2. 思い出リレー

思い出リレー vol.5

「きっかけは、旅」
1998年度卒業 単位制 18歳(入学時)

 
 試験会場に足を踏み入れると、そこは制服であふれていた。
 3年ぶりに机に向かったような人間が、果たして試験に通るんだろうか。言いようのない不安が、心の底から湧き上がってきた。
 そして合格発表。掲示板には自分の受験番号があった。ひょっとしたら見間違えたのかもしれない。何度も、何度も見直した。しかしそこにあったのは、紛うことなく自分の番号だった。
 
 こうして、私の中央での高校生活が始まった。周りの同級生は、もう制服は着ていなかったが、やはり私との間に見えない壁が立ちはだかっていた。
 中央に入る前、私は様々な職を転々としていた。そこで付き合いがあった職場の人間は皆、私よりもはるかに年上だった。そんな環境で3年過ごした後、いきなり自分と同世代あるいは年下の集団に投げ込まれた訳だから、戸惑いや気後れがあって当然である。孤立、とまではいかないが、浮いていたのは間違いない。
 
 そんなある日、それまでに数回話したことのあるクラスメイトから声をかけられた。夏休みに高山に旅をするんだが、一緒に行かないか、と。旅は、好きだ。それまでは一人旅がほとんどだったが、誰かと行く旅も、悪くないかもしれない。是非、と私は答えた。
 鈍行列車を乗り継ぎ、ようやくたどり着いた、高山。地元の人に教えてもらった店で醤油辛いラーメンをすすり終えた頃には、もう辺りは真っ暗だった。宿は、ない。夏とはいえ夜になると肌寒い夜を、4人で語り明かした。
 いつしか、見えない壁は消え失せていた。
 
 あれから10年。数え切れないほどの旅をした。国内、海外。一人旅、二人旅、大勢での旅。その度に新しい出会いがあり、発見があり、そして仲間との絆ができた。たとえ離れ離れになろうとも、かつて共に旅した仲間とは、今も繋がりあえているような気がする。
 またいつか、旅をしよう。あの日の面々で。
  1. 2011/04/10(日) |
  2. 思い出リレー

思い出リレー vol.4

「文化祭?どうせやるならでっかくやろう!?」
1998年度卒業 単位制 15歳(入学時)

 
 2年生の時、ふと「文化祭でTVゲーム大会の出し物やったら面白いんじゃないか!?」と思い、当時は思い立ったら即行動という性格だった(今もある意味変わってない)自分は、ゲーム好きの仲間を集めて、すぐに準備を始めました。
 
 まず「ゲームは家でもできることだから、どうせやるなら家でできないようなことをしよう!」と、いろいろ案を練りました。そして思いついたのは、社会科教室の40インチテレビを使うということです。今でこそ大画面テレビが当たり前のようにありますが、当時40インチもあるテレビは非常に珍しいものでした。「コレが使えたら気持ちいいだろうな」と思い、すぐに社会の先生と交渉→門前払い(T-T)
 
 その後、何度も先生と交渉を続けた結果「貸すけど壊さないでくれよ」と先生が折れてくれました。さらに図書室、体育教官室、生徒指導室など、ありとあらゆる部屋に行って先生たちとテレビの貸し出し交渉を続け、集まったテレビの数なんと8台。教室に並べて一斉に電源を入れた時は、ワクワクしました。当日は盛況で出し物も好評でした(と思いたい)。
 
 文化祭のゲーム大会に限らず、中央高校での生活は非常に充実したものでした。勉強だけではなく、「かけがえのない友人」「人を大切にする心」「自分を律する心」という、人生において最も大切なものを得ることができたことに感謝しています。
  1. 2011/03/13(日) |
  2. 思い出リレー

思い出リレー vol.3

「父娘で夜間高校生」
バトン走者:“ヒゲのおっちゃん”
       2003年度卒業 学年制商業科 50歳(入学時)

  
_ 大阪市立中央高校・学年制課程商業科 _
50歳での受験には訳があった
 
 入学して戸惑った事、楽しかった事、嬉しかった事、中央高校は沢山の事を私に与えて頂きました。クラスメート達に恵まれて四年間が有意義だった事は私の“宝”です。そして母校の中央高校は我が家の救いの“学びの杜”です。有難う御座いました。
 
クリックで画像拡大
 
 中学時代を悩み登校拒否をしてた娘が定時制夜間高校を卒業した。
 
 「卒業おめでとう。」
 
 親父の2年後輩の娘が卒業した。悩んでいた中学時代を思うと、感無量だ。
 親父が3年生の時に娘が入学してきた。複雑な親心だったが安心した。
 父娘で通った2年間、学校行事、帰路も父娘で一緒に。今思うと懐かしく思う。
 2年前の親父の卒業式には在校生として祝福してくれた娘、今度は私が先輩、保護者として祝福をした。父親として中学時代は何も悩みを解決してあげれなかたけど、父親の卒業式での「答辞」を聞き、
 
 「お父さん、卒業おめでとう。自分が高校に行けたのは、お父さんのお陰や。」
 
 と言ってくれた娘が卒業した。娘の4年間の高校生活を思いながら、保護者席で、後輩の成長を思い、嬉しくて涙がでた。
 
 「卒業おめでとう。これからの人生に、夜間高校の4年間を卒業した事を誇りに、夢に向かって前進して欲しい。」
 有り難う、我が家の後輩。
(娘の卒業式後にブログ日記より)
  1. 2011/02/27(日) |
  2. 思い出リレー

思い出リレー vol.2

「松坂屋の思い出」
バトン走者:2004年度卒業 単位制 15歳(入学時)

 
クリックで画像拡大
 
 入学当初、6時限目と7時限目の間に1時間も休み時間があることに驚き、何をして授業までの時間を過ごそうかと思いました。
 松坂屋に行ったのも、7時限目の授業までの時間が暇で行ってみただけでした。でもいつしか、夕方の休み時間になると仲間達と松坂屋に行くことが日課になっていました。
 7階にある書店で本を買ったり、8階にある休憩所で話をしたり、なにより屋上のゲームコーナーに入り浸っていることが多かったです。子供用のパンダの乗り物を乗り回し、UFOキャッチャーでぬいぐるみを取るのに必死でした。
 このUFOキャッチャーがまた難しくてなかなか上手く取れず、皆で何度も何度も挑戦しました。やっと取れたときは、宝物を発見したトレジャーハンターのように大喜びをしました。
 
 そんな他愛もないことを繰り返すうちに、教室でしか話さなかったクラスメイトが遊び友達になり、そしてかけがえのない大切な仲間になっていったように思います。
 文化祭やスポーツ大会にも参加し、休みの日にも揃って遊びに出かけ、僕の高校生活は仲間がいたからこそ、とても楽しいものになりました。
 毎日、学校から松坂屋に向かう坂道を下っているときに「今日も何か楽しいことがあるんじゃないか?」とワクワク・ドキドキしていたのを思い出します。
 
 中央高校生なら、誰もが一度は足を踏み入れたことがあっただろう、松坂屋。その松坂屋も今はもうなくなり、屋上のゲームコーナーで遊ぶこともなくなりました。
 だけど、学校で学ぶことよりも大切なことを学ばせてくれた仲間達と、これからも遊んでいきたいです。
  1. 2011/02/06(日) |
  2. 思い出リレー

思い出リレー vol.1

「スポーツ大会の思い出」
バトン走者:2001年入学 学年制 60歳(入学時)

 
 私はクラスの皆とは親以上に年が離れていましたが、体育の授業ではクラスの皆と一緒にボール競技やプール授業に参加しました。
 プール授業では、25mを行ったり来たり。私はいつもベッタだったので、向こう岸に着いたとたんに戻る合図の笛が鳴ります。私だけ休憩なしで泳ぎ続けで大変でした。
 
 スポーツ大会で、私たちのクラスはドッチボールを選択しました。
 自由参加というので、私は応援席にいる予定でした。ところが人員が足らなかったということで、私の名前がメンバーに書き込まれてしまいました。
 それから毎年、私達のクラスはドッヂボールを選び、大会直前の数日は夜9時から優勝候補の下級生チームと練習に励みました。その甲斐あって4年の間に優勝・準優勝などの賞もいただくことができました。
 参加してみて、年の離れている私へボールを当てないように気を遣ってくれる、皆の温かみを感じることができました。また、練習に付き合ってくれた下級生達とも仲良くなり、食堂で会ったときなどにおしゃべりをするようになりました。
 
 入学以前は「普通のおばちゃん」でした。
 中央高校に入学して、授業はもちろん校外学習の映画や修学旅行、学内での文化祭やスポーツ大会などの学校行事に参加することで、今まで味わったことのない経験が一杯できて、有意義な4年間でした。
  1. 2011/01/25(火) |
  2. 思い出リレー
前のページ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebookページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。