カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

閲覧する月を選んでください。

ブログ内検索

登録住所変更メールフォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

思い出リレー vol.2

「松坂屋の思い出」
バトン走者:2004年度卒業 単位制 15歳(入学時)

 
クリックで画像拡大
 
 入学当初、6時限目と7時限目の間に1時間も休み時間があることに驚き、何をして授業までの時間を過ごそうかと思いました。
 松坂屋に行ったのも、7時限目の授業までの時間が暇で行ってみただけでした。でもいつしか、夕方の休み時間になると仲間達と松坂屋に行くことが日課になっていました。
 7階にある書店で本を買ったり、8階にある休憩所で話をしたり、なにより屋上のゲームコーナーに入り浸っていることが多かったです。子供用のパンダの乗り物を乗り回し、UFOキャッチャーでぬいぐるみを取るのに必死でした。
 このUFOキャッチャーがまた難しくてなかなか上手く取れず、皆で何度も何度も挑戦しました。やっと取れたときは、宝物を発見したトレジャーハンターのように大喜びをしました。
 
 そんな他愛もないことを繰り返すうちに、教室でしか話さなかったクラスメイトが遊び友達になり、そしてかけがえのない大切な仲間になっていったように思います。
 文化祭やスポーツ大会にも参加し、休みの日にも揃って遊びに出かけ、僕の高校生活は仲間がいたからこそ、とても楽しいものになりました。
 毎日、学校から松坂屋に向かう坂道を下っているときに「今日も何か楽しいことがあるんじゃないか?」とワクワク・ドキドキしていたのを思い出します。
 
 中央高校生なら、誰もが一度は足を踏み入れたことがあっただろう、松坂屋。その松坂屋も今はもうなくなり、屋上のゲームコーナーで遊ぶこともなくなりました。
 だけど、学校で学ぶことよりも大切なことを学ばせてくれた仲間達と、これからも遊んでいきたいです。
  1. 2011/02/06(日) |
  2. 思い出リレー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebookページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。