カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

閲覧する月を選んでください。

ブログ内検索

登録住所変更メールフォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

趣味遊々:食跡をたどって(3)

趣味遊々~同窓会コラム~ vol.27
食跡をたどって
 第三回 広島にて
 
 3年ぶりの広島。久しぶりに会う懐かしい顔ぶれは、けれども暖かく迎えてくれた。あたかも1ヶ月ぶりかのように「おかえり」と。
 
 10代後半、20代後半、合わせて6年間、働き・暮らした「第二の故郷」。食に関しても様々な思い出がある。広島の食を語るうえで欠かすことができないのが広島風お好み焼き、いわゆる「広島焼き」だ。
横長画像タイトル


 よく関西風のお好み焼きとどちらが美味しいかと問われるが、両者は全くの別物と言える。薄く焼いたクレープ様の生地の上に刻んだキャベツと豚肉を乗せ、これまた薄く焼いた卵焼きの上にひっくり返して蒸し焼きにする。それを炒めたソバの上に重ねて完成。ソバといっても焼きそば用の蒸し麺ではなく、ラーメン用の生麺を湯がいて使用する店が多い。故にラーメン屋を兼ねている店も散見する。

 ソースはたいてい、全国的にも有名な「オタフクソース」を使用しているが、一部で根強い人気を誇るのが「カープソース」。前者は酸味と甘味が際立ち、後者は濃厚なコクが特徴的だ。広島人はソースの幟を見て入る店を決めることもあるくらい、ソースにこだわっている。

 注文方法も独特だ。「お好み焼きください」と注文する人はいない。基本は「肉玉ソバ」でソバ抜きが「肉玉」。トッピングや具材の追加がある際には「肉玉ソバにイカ天、ネギかけ」というように注文する。

 店は街の至る所にあり、しのぎを削っている。そして暑かろうが寒かろうが、雨が降ろうが雪が降ろうが、変わることなく食べられている。

 あれは8年ほど前のこと。台風で停電になった日の夕暮れ時、ある店の前を通りかかると薄明かりが見えた。目を凝らすと、カウンターは満席で、それぞれの客の前にはロウソクが灯っていた。

 一枚の広島焼きが、幾人に力を与えただろうか。いかなる状況でも広島焼きを提供し続ける店と、求める客。まさに広島焼きは広島人のソウルフードとも言うべき存在だ。

 
 鮮やかな手並み、ソースの焦げる香り、ヘラの音。今日も店は活況だ。「大きな田舎」と地元民が自称する、この人情味あふれる街で。
 
N.T



趣味遊々過去ログ
食跡をたどって 第二回保存食を使った簡単レシピ
食跡をたどって 第一回横浜にて
  1. 2012/03/04(日) |
  2. 活動報告

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebookページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。