カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

閲覧する月を選んでください。

ブログ内検索

登録住所変更メールフォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

思い出リレー vol.16

2008年度卒業 男性 16歳(入学時)
  
 在学中は、よく学校行事で、運営側として走り回っていました。
 文化祭で仮装した時は、子供が襲い掛かってきた。童心に返って何度も退治された。子供って手加減ないですね。プラスチックのおもちゃだったけな、棒状の何かで何度も殴られた。わりと痛かった。
 ただ下働きをするだけでは退屈なので、準備段階で見つけてたミスを、開始直前までバレないように隠すようなことを、何度もやりました。
 心当たりのある人たちや、当時の生徒会役員さんから、恨まれそうですが。
 案の定、そのミスのせいで、担当の人たちがテンパっていましてね。
 思い返すと結構ヒドい事していますが、何の問題も起きない時よりも、大変な目にあった方が、いい思い出になるでしょう?…たぶん。あれ、もしかして違う?
 なんていうか、トラウマになっていたら、ごめんなさい。
 
 私は昔から、それこそ幼稚園児の頃から、運営側に面白さ感じていたんだと思います。
 例えば、幼い男の子にとってはお馴染みの遊び、ヒーローごっこ。自ら進んで怪人役になってましたから。
 外遊びの時間になる度に、マントをひるがえすヒーロー達の前へ、黒いビニール袋をポンチョのよう着た怪人が立ちはだかり、激戦の末に退治される。
 小学生に入っても相変わらずで、ドッヂボールでは外野、サッカーではディフェンス、その他、審判、タイムキーパー。中学生の時は、部室の掃除と設備強化に身を尽くし、引退して受験が近付くと、自分の勉強そっちのけで、他人の練習問題を作ったりしていました。
 なぜそんなことをやっていたのか、正直わかりません。だけど、そちらの方が、やっていて面白かったのだと思います。
 もしかしたら、オバケ屋敷のようなものかもしれませんね。入って脅かされる客よりも、入ってきた人を脅かすオバケ役が面白い。みたいな?
 まぁ、他の人から見れば、損にみえるような役割を好んでいたのは間違いないでしょうね。
 
 中学を卒業して、なんの目標もなく、なんの意思もなく、私立の進学校に入学しちゃったのが、悪かったんでしょうか。
 そこで人の遊び相手になるということは、一人作業の結果を延々と報告されることでした。
 特に多かったのが、漫画のマニアックな知識や、ゲームのプレイ実績、まぁそんなところですね。
 他人の自慢話に、適当な相槌を打つだけで、次はどうしようとか、そういう工夫を考える必要がないんですよ。退屈でした。
 まぁ、テストはそこそこ点数取れていたのですが、いろいろとチャレンジャー過ぎて、1年目から早速、進級どうするよって事になりました。
 課題や確認テストを白紙提出したり。昼から登校で朝だけの授業が出席不足になったり。ただ単に退屈でやっただけなんですが、教師への嫌がらせっぽいですね。反省、反省。
 
 そんなこんなで、中央高校と出会いました。
 わずかばかりですが、取得単位があったので、編転入試験を受けることになりました。まぁ、あと数単位足りなければ条件外だったので、本当にギリギリでした。
 まぁ、入試については、それなりに「学校のお勉強」はできましたので、サクッとスルー。
 試験当日に、受験生がまさかの生活指導を受けていたのが印象に残っています。あの風景は面白かったです。学園ドラマっぽくて。
 
 実際に入ってみると、わりとみんなマジメにやっていました。
 それを見て、どこに行ってもこんな物か、とりあえず、いろいろやってみよう、と私は考えました。
 ええ、進級リタイアを引き起こしたチャレンジャー精神が、ここにきて再び復活したわけですよ。
 しかしまぁ、進級に響くようなことは、だいたい一度やってしまっているので、そんなにグダグダすることもありませんでした。卒業も、あっさりできました。
 冒頭で触れた学校行事や、他には部活動などに精を注いだわけです。おお、字面だけみると、すごい健全だ。
 
 部活動では、部長も引き受けました。
 資料用意したり、スケジュール考えたりで、裏方仕事をすることが多かったように感じます。
 まぁ、でも、一番印象に残っていることは、部員による部員同士の恋愛ドロドロ愚痴相談ですかね。何度も時間を取られました。
 しかし、あれはあれで、面白いものですよ。
 勘弁してくれ、とかね、うんざりした顔で言っていましたが、もう内心ではゲラゲラ笑っていましたから。
 あの面白さは何なんでしょうね。
 
 そんな感じに毎日わいわい騒いでいると、いつの間にか卒業がやってきました。
 まぁ、だからといって、卒業式で何かあったとか、卒業後にどうかしたとか、特に何もないんですけどね。
 卒業後も気ままに、他人の楽しみに茶々を入れながら、適当に日々を送っております。
 いつかどこかで誰かの楽しみに茶々を入れるかもしれませんが、その時は広い心で一緒に楽しんでくださいな。
 それでは、またどこかで~。




  1. 2013/06/02(日) |
  2. 思い出リレー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebookページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。